【資格名】      認定ベビーシッター
資格の種類
民間資格
受験者数/合格者数
非公開
(例年150〜200名/150名前後
合格率
非公開
(例年90%前後)
 難易度
難易度 「D」易しい
受験対策
通信・通学スクール/講座
問い合わせ先
全国保育サービス協会
TEL 03-5363-7455
受験に関する詳細
全国保育サービス協会
関連リンク  
資格の難易度
平成27年度資格試験日程
国家資格の難易度
資格試験最新情報 
「ベビーシッター(Babysitter)」とは、母親に成り代わって乳幼児の世話をする人を言いますが、「認定ベビーシッター」は、ベビーシッターとして必要な職業倫理を備え、専門知識・技術、さらにそれに基づく実務経験を有し、かつ、協会が実施する認定試験に合格している人のことを指します。
働く女性が増加したことなどにより、ベビーシッターによる在宅保育サービスのニーズが高まり、認定ベビーシッターはこうした背景のもとに制定された民間資格です。この資格がなくてもベビーシッターにはなることは可能ですが、一定の要件を満たす認定ベビーシッターに対する社会的信頼は高く、有資格者の方が安心感を与えられる違いがあります。
多様な保育ニーズが求められる中、在宅保育サービスがより社会的に認知され、高い評価を得るためには、保育に関する知識、技術はもちろんのこと、ベビーシッター独自の専門性を持つことが必要とされます。

【ベビーシッター資格の取得の流れ】
   「研修T」の受講⇒ 「研修U」の受講⇒ 認定試験⇒ 審査⇒ 認定⇒ 登録⇒ 更新
・研修T:協会主催の新任研修
・研修U:研修Iを修了した者が受講する協会主催の現任T研修


◆試験形式
 
  ・選択式(五肢択一問題) 40問+記述式(400字以内)1問  / 試験時間 90分
◆試験科目
・研修I及び研修Uで履修する16科目全般から出題されます。
  ベビーシッターとしての基礎的および専門的知識及び技術についての出題です。 尚、技術についての実技試験はありません。
◆その他の情報
・「ベビーシッターの実務経験」とは、@ベビーシッター(在宅保育) Aファミリー・サポート・センター事業 B地方公共団体が実施する家庭的保育制度(保育ママ等) C協会会員が運営する上記保育施設のいずれかにおける実務経験(時間数は問いません)を指します。
・昨年実施された「副業に役立つ資格ベスト10」調査で、@医療事務関連資格、Aホームヘルパー、BWebデザイナーに続いて、4番目に選ばれたのが「ベビーシッター」です。空いた時間を活用できるベビーシッターの資格は、副業に役立つようです。
◆認定ベビーシッター資格をさらに詳しく
       ⇒認定ベビーシッター資格の難易度

認定ベビーシッター資格の試験対策 
   通学スクール  ベビーシッター通学講座・スクール一覧
 ニチイの「ベビーシッター講座」
   通信講座  ベビーシッター通信講座一覧
   Web講座/ネットスクール  -
   関連書籍  - (講座のテキストなど)
 
HOME

Copyright(c)2009 役立つ資格 All Rights Reserved.