【資格名】    ウェブデザイン技能検定 
資格の種類
国家検定
受験者数/合格者数
平成25年度第2回試験
2級 212/114(推定)
3級 485/230(推定)
合格率
 非公開
平成25年度第2回試験
2級 53.7%(推定)
3級 47.4%(推定)
難易度
1級「A」難関   2級「B」普通
     3級「C」やや易
受験対策 
スクール/講座・独学
問い合わせ先 
インターネットスキル
認定普及協会

TEL:03-5320-8236
 受験に関する詳細
(公式サイト)
インターネットスキル
認定普及協会
ウェブデザイン技能検定は、ウェブデザイン関連業務の仕事をしている人、もしくはその関係の仕事をしようとしている人を対象として実施される検定試験になります。このWebデザイン技能検定は、2007年4月に厚生労働省の「ウェブデザイン」職種として新たに追加された資格で、Web業界唯一の国家資格です。
国際規格に基づいて、ウェブサイト製作に関する知識や技能実務能力などを検定し、ウェブデザイナーとしてのスキルを証明できる資格試験で、試験は1級から3級まであります。この技能検定に合格すると、厚生労働大臣よりWebデザイン技能士の合格証書が発行され、 「Webデザイン技能士」を名乗ることができる名称独占資格です。
「ウェブデザイン」とは、パソコンや携帯端末を通じて様々な情報をインターネット上に配信するためのホームページのデザインをする仕事です。この技能検定では。インターネットについての基本的知識やサイトの運営、管理、ウェブデザインの技術などが学科試験と実技試験で問われます。
Webデザイン関係の資格には、このWebデザイン技能検定の他に、Webデザイン検定、Webクリエイター能力認定試験、Webデザイナー検定などがありますが、他はいづれも民間資格です。
Webデザイン技能検定試験は3級レベルならば、3〜4ヶ月程度の独学でも合格可能なレベルと考えてよいでしょう。


◆試験形式 
1級 学科90分 実技180分 ペーパー実技60分
2級 学科60分 実技120分
3級 学科45分 実技60分
◆試験科目
  1級・2級・3級の試験細目
 (学科試験)
1.インターネット概論 2.ワールドワイドウェブ(WWW)法務 3.ウェブデザイン技術 4.ウェブ標準 
5.ウェブビジュアルデザイン 6.ウェブインフォメーションデザイン 7.アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
8.ウェブサイト設計・構築技術 9.ウェブサイト運用・管理技術 10.安全衛生・作業環境構築
 (実技試験)
ウェブサイト構築
◆その他の情報
・学科試験では、インターネット関連はもちろんのこと、ネットワーク技術やワールドワイドウェブ(WWW)セキュリティ技術、インターネット最新動向など広範囲の知識が必要になります。
・実技試験(Webサイト構築)対策は、公式サイトに掲載されている問題を覚えることから始めた方がいいでしょう。基本的なHTMLと指定されたcssを修正するような問題が出ますが、そこそこ実務経験がある人ならば、それほど勉強をしなくても合格できるレベルです。ユーザビリティやアクセシビリティ、cssのタグなどの過去問をやっておくと役立つでしょう。
◆ウェブデザイン技能検定をさらに詳しく
       ⇒ウェブデザイン技能検定の難易度

◆ウェブデザイン技能検定 試験対策 
   通学スクール  ウェブデザイナー講座・スクール一覧
   通信講座  ウェブデザイナー通信講座一覧
   eラーニング/Web  Webデザイナー初心者・中級者向け 実録シリーズ4講座
   関連書籍  ウェブデザイン技能検定 問題集
 ウェブデザイン技能検定 テキスト
 

HOME


Copyright(c)2009 役立つ資格 All Rights Reserved.